くびれたspice

ストレスフリーで誰でも簡単に短時間で日常化できるくびれボディーメイク              簡単スパイス料理 音楽 ファッション

Lo-Fi Hip Hopをクールジャパンに

Lo-Fi Hio Hopとは?
まず読み方はローファイヒップホップ

 

曲調はスローテンポが中心でインストゥルメンタル(歌なしの曲)の楽曲も多くジャズのテイストが強く感じられるのも定番で日本では広い意味ではJazzy Hio Hopとも呼ばれたり海外ではChillpopと呼ばれたりもしてます

 

Lo-FiとはLow Fidelityの略で
Hi Fidelityの対義語でこちらもHi-Fiと略されることも多く

Hi-Fiとは高忠実度、高再現性のことで原音をよりそのまま綺麗にダイレクトに再現するといった意味で
Lo-Fiはその逆で原音に対してノイズが入ってしまっていたり少し歪みが生じている意味があります
もともとは低い音質での音響機器を少しバカにしたようなニュアンスの言葉でしたがこの Lo-Fi Hip Hopの場合 あえてノイズを入れたりどこか懐かしさを漂わせた価値観だと個人的には思っています


絵でいうとより写真に近い絵がHi-Fiなのに対し
Lo-Fiはあえて描き手の感性というフィルターを通して表現している絵といったニュアンスをイメージして頂けたら分かりやすいと思います

 

 

 


nujabes

Lo-Fi Hip Hopを語る上でなくてはならない曲を聴いてどこか懐かしい日本の風景が浮かぶような天才トラックメーカーだと思います
上記にもありますがジャズテイストのヒップホップ、Jazzy Hip Hopから
Lo-Fi Hip Hopというより特色のあるジャンルを結果的に牽引した最重要人物ではないかと思います

彼の芸名 瀬場 淳をローマ字表記にして逆さから読んだものでヌジャベス

まだ学生だった21歳の時に渋谷にインテリアなども彼のこだわりが詰まったレコードショップGuinnessRecordsを開店し

2000年代よりファイブ・ディーズやファンキーDLら海外アーティストのプロダクションで注目を集めShing02とのコラボによる人気曲Luv(Sic)で音楽ファンからの口コミを中心に話題となりました


コムデギャルソンのパリでのファッションショーで音楽ディレクターも務めた経歴があります

2004年にはTVアニメ サムライチャンプルーのサントラを手がけて海外などさらに幅広いリスナーにその名を浸透させた

 



クールジャパン
最近YouTubeリアルタイム配信などのチャンネルも数万人に及ぶ視聴数で人気ですが

その映像やサムネイルに日本のアニメが使われることが多いのは個人的にはサムライチャンプルーnujabesの印象があまりにも大きかった為だと思います

 

どこかセンチメンタルで哀愁漂うメロディと日本アニメがマッチしているのでLo-Fi HipHop自体日本文化により馴染んでいけばいいななんて勝手に思ってもいます

 

 

 

タンスに眠ってしまったZOZOスーツの有効的な使い方

ZOZOスーツとは

ご存知の方も多いと思いますがZOZOスーツとはSTART TODAYというZOZOTOWNを運営する会社がニュージーランドのソフトセンサー開発企業 StretchSense Limited.と共同開発した採寸スーツ

 

あなたの身体を瞬時に採寸することのできるボディースーツ、と銘打ち

これにより自分のサイズにあった服を素早くZOZOTOWNで購入することができるようになりました

採寸方法は上下のタイツを着てZOZOtownのアプリをダウンロードした

お手持ちのスマートフォンを立て掛け12回身体を回転させながら自動撮影して終わりです

すると3Dデータがあらわれ、全体的なフォルムを立体的に可視化出来ることが出来ます

各部位細部に渡り採寸し数値化してくれます

 

 

 

有効活用しよう

このZOZOスーツ話題だからとりあえず注文してみて採寸が終わったら当分着る事がなくなりタンスの肥になっている方も多いと思います

素晴らしい技術の詰まったZOZOスーツをもっと有効的に使いませんか?



その有効的な使い方とはダイエットやボディーメイクを行なっている方の測定ツールとして使用する方法です

今までの体重計などに加えこのスーツで定期的に計測する事でよりモチベーションが維持し易くなります

このスーツ使ったことがある方はわかると思いますが

鮮明に見やすく3D画像でお手持ちのスマートフォンに写し出され

そして360度回転可能なので自分の後ろ姿や横から見たお腹などの体型も可視化できることで体重以外にも変化が目で見てわかる事に非常にメリットを感じるからです



  

 

他にも背広などを新しく仕立ててもらう際

一部の職種に限られますが特別な衣装を作る際

など一点物の服にも役立ちそうですね

 

 

 

 

話題ということで他にもZOZOスーツでコンビニに行ったり色々な使い方をする人がいるみたいですね...

 

それにしてもこの莫大な人数の身体の個人データを手に入れたSTART TODAY

自社のオリジナルブランドを立ち上げこのスーツを使ってオリジナルサイズのGパンなどを簡単に作れるサービスをスタートするみたいですが

この貴重なデータで今後どのような展開を見せてくれるかも気になりますね

 

DJって曲選び以外実際何してるの?

クラブイベントや野外フェスティバル、実際クラブなどにはあまり行かなくなったなという方も最近ではインターネット上のオンラインで楽しめるBoilerRoomなどでDJプレイを視聴して楽しんでいる方も多いと思います

 

生演奏のライブを体感しに行ったりネット上で鑑賞するのはギターやドラムなどの楽器をミュージシャンが奏でているので(特殊な電子機材を除けば)目で見て分かり易いですがDJって曲と曲を繋いでいるのは分かるけど

どのように何をしてるのかよく分からないですよね?

 

 

 

まず選曲と曲順

選曲

どのような曲をかけるか?
誰もあまり知らないが聴いてすごく良い曲を重点的に集めて個性を出すDJ
ナンパがメインのクラブなどでは誰もが知っている曲ばかりを並べて全体を盛り上げるDJ

 

 

曲順

選曲した曲を会場の盛り上がり状況を見たり曲調の流れを察して即座にパズルのように並べる技術、例えば四つ打ちDJが2時間のDJプレイで25曲かけたとしてこの25曲の順番次第で同じ曲でも違って聞こえたりします

 

この2つで個人的にはそのDJの音楽センスを問われると思います

 

 

 

ミックス技術

今流れている曲と次に流す曲を

DJミキサーという同時に2曲〜4曲くらいを流す事の出来る機材を使って曲と曲を混ぜ合わせ自然に次の曲へと切り替える作業

 

 

1曲の長さが6分〜8分くらいと長めの

ハウス、テクノなどの4つ打ちと呼ばれるジャンルではロングmixといって

1分や2分それ以上長い時間じわじわとミックスすることでよりスムーズに曲と曲とを繋ぐことが比較的に多いです

 

1曲3分〜5分くらいのヒップホップ、レゲエなどは比較的ロングmixは行う機会は少なく短いmixでテンポよく曲を展開してわざと曲調を大きく変化させて雰囲気を一転させる事もあります

 


クラッチ技術

こちらは主にヒップホップDJに使われることが多い技術で指でレコードを動かしてその動かした時のレコードとレコードの音を拾う針

 

 




現場に持って行けるレコード枚数は限られているので
事前に自宅などにある数あるレコードの中からDJプレイする場所に持っていくレコードを選んで重たいレコードを運んで
現場について事前に選んだレコードの中から現場の雰囲気をみて選曲し
流れをつくりながらプレイしていくというスタイルがDJのスタイルとしては原点だと思います

何が良いというのではなくそれぞれのプレイスタイルに合っていれば個人的にはどれでもいいと思いますが
最近ではCDJやPCDJ、持ち運び面でいうともっと軽量なUSBメモリスティックでも現場の機材が整っていればプレイ出来る便利な時代になっています
それに伴い現場で即興で曲を演奏しながらのDJや即興でremixしながらのDJも増えてきてより個性の出しやすく面白くなっていると云えるでしょう

今後もどんどん機材の技術進化に連れて色々なスタイルのDJが増えることでしょう

 

 

 

鬼才!ムーディーマンの魅力

デトロイトハウスって...

ディープハウスって良くわからない....

 

普段聞かないけど四つ打ちってどんなんだろう?

と思って最初に聞いたハウスミュージックが運悪く、

単調が一定的で無機質であまりハマれなくてそれ以来

興味を持てない

 

 という方も少なくはないと思います

 

Jazz,soul,funkなどのブラックミュージックがお好きな方は

ジャンルを越えて彼の魅力に虜になってしまうでしょう

 

漆黒かつセクシーこの2つが彼の音楽性に対する

僕個人のイメージです

 

皆様もMoodymannの音楽を一度聴いて頂けると

少しは共感してもらえるのではと思ってます

 

 

 

 

 

 

Moodymann  本名Kenny Dixon JRとは

アメリカ ミシガン州デトロイト出身のアンダーグラウンドハウスシーンのトップアイコンとして君臨するミュージシャン、DJ、プロデューサー

主にデトロイトテクノ、ディープハウスなどの楽曲をリリースしてます

 


1997年にカールクレイグの運営するレーベル,Planet Eからにリリースされた

ファーストアルバム”Silent Introduction"を皮切りに

自身が主宰のレーベル、KDJとMahogani Musicから”Mahogany Brown" "Forevernevermore" "Black Mahogani"など様々な傑作を生み出し”Shades Of Jae"

も大ヒットしました

そして次々と晴れの世界観の楽曲を世に放っています

 

Moodymannの楽曲のリズムのベースとなる打ち込みは

無機質なディープハウスやテクノの楽曲

とは異なりカッコイイ荒々しさがあります

 

この粗野な印象は彼の肉声やライブハウスの歓声など

人の声を多用しベースとなるリズムの打ち込み以外はコンピューターではなく

生の楽器の音が多い事のように思います

 

 

彼の楽曲は無機質で退屈な

 どの楽曲を聴いても同じに聴こえる

 と言ったイメージのものは1曲もなく

とろけるように真っ黒で重厚でセクシーかつファンキーなトラック

世界中のコアなファンを魅了し続けているのではないかと思います

 

 

 

 

DJプレイ

多くのDJは

HipHopのDJなら基本的にそのジャンルの曲を次々とMixして繋いでいって流れを作り、たまにR&BやSoulを組み込む
テクノのDJならテクノの曲をセレクトしていきハウスの曲なども織り交ぜるといったスタイルが多いと思います
多くのDJは多少ほかのジャンルの曲も織り交ぜますが

基本的にBPMと言われる曲のテンポや速さは近いものが多いです

 

しかし彼のDJプレイスタイルは僕が聴いた限りでもデトロイトハウス、ディープハウス、ディスコ、ヒップホップ、ソウル、ジャズ、ファンクといった楽曲で

BPMの範囲も凄く広くスローテンポなヒップホップから早めのテンポの四つ打ちまで

ジャンルや曲のテンポを超越したDJmixが毎回驚きを与えてくれます

 

ALL GENREという言葉がありますが彼は分かり易く言うとALL BLACK MUSICです

 

ジャンルを越えたプレイスタイルのDJはずっと聴いていたい気持ちにさせられ

驚きと空気感の変化を与えてくれます

 

有名な方では

セオパリッシュ、フランソワケヴォーキアンやロランガルニエ、日本ではミツザビーツなど...

 

 

 

僕が最初にムーディマンのDJを体感したのは2004年の

3CHAIRS アルバムリリースツアーで

 

TheoParrish ,Moodymann ,Rick"TheGodson"Wilhiteの3人に加え、

MalikPittmanの4人でまわったツアーで初めてムーディーマンのDJを体感し

それと同時にデトロイトディープハウスのカッコ良さに

度肝を抜かれたのを覚えています

 

そこは居場所もないくらいの超満員のクラブであったが

Moodymann、彼のプレイは

ディスコからブラックジャズ、ヒップホップからデトロイトハウス

次から次へと想像も出来ない展開の選曲で

驚きとともにその力強いベースラインにやられっぱなしでした!

 

 
どす黒く力強いベースライン、ブラックミュージック全般を織り交ぜるプレイスタイルに

衝撃を受けて以来、彼らの楽曲やDJに魅了され続けています

 

音楽だけではなく彼らのTシャツやパーカーといった

アパレルもカッコよくて追いかけてしまってます

 

2017年くらいからはカッコイイ黒人の女性パフォーマーを連れて

彼の太い声でのマイクパフォーマンスも演出に味を出し

以前より増して独自の世界観をつくりあげていたと個人的には
感じています

 

 

 

 

 

 

くびれの成功率を10倍にする食事方法

くびれの成功率を10倍にする食事方法とは

要するにすごく効率のいいお腹の無駄なお肉を減らす

長続きできる食事を摂り方なのですが

みなさんがイメージする食事方法といっても1日何カロリーまでで...

とか全然食べ足りないのに我慢しないとダメ...
といった印象ではないでしょうか

 

 

 


細かいカロリーや食事の量は気にしない

コンビニやスーパーマーケットに行くタイミングってどんなタイミングが多いですか?

 

コンビニやスーパーマーケット、いろいろな品揃えがあって本当に便利でありがたいですよね

 

ちょっとした日用品やお水だけを買いに行く機会ももちろん増えて来ましたが
大半がお腹が空いた時に行くことが多いと思います


ここで大事なのが行く前に自分の脳に少し健康な食事を意識づけることです

ではどうやるかというとコンビニやスーパーマーケットに行く前に

常備してある手軽なヘルシーな食品を少し食べるというほんの一手間だけです

 

そうすることによって自然と脳が健康的なものを選びやすくなるという事が

分かっています

 

常備するおすすめな食品(好みに合わせて選んで下さい)

納豆

豆腐

きゅうりのスティック野菜

ナッツ類
ヨーグルトなど

 

ご自分が好きな健康的な食品をサッと簡単に軽く食べて買い物に行くと自然にジャンクなものを選ばなくなり痩せやすくなる近道です

外食をする前もこの方法は効果的といわれていますが

個人的には誰かと外食を楽しむ時はあまり気にせず一緒に同席する方と自分が食べたいものを美味しくいただき楽しく会話に花を咲かせることをおすすめします

そして食べ過ぎた飲み過ぎたなと思ったらプチ断食をおこなう

 

 

 

何かを食べないダイエットではなく代替えする

ラーメン、パスタ、スイーツ、ポテトチップスなど太ると分かっていても美味しくて食べてしまいますよねー

これら太ると分かっている食事やジャンクなものを食べない

と決めて我慢するより

 

ラーメン好きな人はラーメンが食べたくなったらそばを食べるといった感じで

パスタが食べたくなったら〇〇を食べる
スイーツが食べたくなったら〇〇を食べる

 

と決めておくことで、これらを食べたくなった時に我慢して食べない方法より格段と成功率が上がります

 

そして小さなイベントとして月に一度はこれらを食べる日を設けるとか

祝日はこれらを食べる日と決めるとか

自分にあった決め事をもってメリハリをつけるのもいいかと思います

 

 

 

 

 

①食品を買う前に健康を意識づける食品を少し食べる

②好きな太りやすい食事、ジャンクフードは食べないではなくて普段は代替え品を決めたまに食べる日を設ける

 

 

この2つでダイエットの平均成功率5%を50%以上にあげてくれて
リバウンドのリスクも非常に低く抑えれる事がわかっているので

ぜひ試してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は食事制限より効率的で簡単!プチ断食で美肌効果とダイエット効果で一石二鳥

知らなかった!思ったより全然手軽なプチ断食!

 

 

初めてプチ断食をやり終えた時に

そう思う方は多いと思います

 

しかも手軽なうえに胃袋を小さくしてくれてプチ断食後の食事も

今までの食事量より少なくて満腹感が得やすくなり美肌にも効果的です

 

 

本当に簡単なの?プチ断食とは

簡単にいえば 

慣れるまでは1日1食

慣れてくれば丸1日何も食べない日を設ける

ただこれだけです

 

 水分(できればお水や炭酸水)はいつも通りに飲んでください

 

最初は1日1食、時間で考えると18時間以上を目安に断食をすれば胃のサイズを縮める効果が期待できます

夜のご飯を

20時に食べた場合は翌日の14時まで

22時に食べた場合は翌日の16時まで

基本的に通常の食事を控えます

 

慣れてきて18時間のプチ断食がさほど辛くなくなってきたら少しづつ時間を増やして24時間のプチ断食へとステップアップしていくとより効果が大きくなります

 

そうは言っても朝食と昼食を抜く空腹との葛藤に負けてしまいそうだし

簡単じゃなさそう!と思う人も多いですよね

どうしてもお腹が空いた、そんな時は

お味噌汁

わかめスープ

はOK

 

それでも我慢できない時は

大根サラダ

キュウイ

パイナップル

など酵素が多く含まれる食材を食べましょう

 

我慢のし過ぎでイライラしてしまってたりプチ断食が嫌になっては意味がないのでうまく上記の食事を摂ってください

 

 

いつやればいいか?

週に1度が好ましいですがお勧めするのは

月に2回定期的に行い

それとあわせて

本人が望む望まずに関せず食べ過ぎ飲み過ぎが避けられなかった翌日

女性の場合生理後

なども月2回に加えて変則的に行うことが効果的です

 

避けるタイミングは当たり前ですが

体調が優れない時

女性の場合、生理前、生理時

は避けるようにしましょう

 

 

 

なぜ肌にいいのか

 食べない時間を設けることによって働きづめだった内臓が排泄活動をしっかり行うことによって血液が浄化され
新陳代謝に大切な代謝酵素をたっぷり使い
肌の細胞が綺麗に再生することができます

 

 

 

 

 

 

どうですか?断食ときくと過酷な修行で断食道場で大金を払う大それたイメージだったり宗教的な行事だったり

ちゃんと知識を付けてだんだん食事を減らして流動食だけにして

それから食事を絶って...

 

聞いたことや興味はあったけどなかなか一歩が踏み出せなかったり

自分には少し現実的ではない

と思っていた方、少しは身近に感じていただけましたか?

 

断食とこのプチ断食はハードルの高さは別物と考えてください

 

皆さんご存知の英語Breakfast

語源でいうと 

Break破ること

Fast断食

断食を破ること 

という語源のとおり効果は少ないですが

毎日朝ごはんを食べるかたが朝食を抜くこともプチ断食というくらい手軽なものなのです

 

1日3食を規則的に食べることは全否定するわけではないですが
お子さんや無駄な脂肪の少ない方、1日のカロリー消費が高い職種の方などは除いて

余分な脂肪のついた成人には必要ないという見方が多くなってきています

 

これまでは食事の回数を減らすとかえって太りやすくなるので
規則正しく1日3食を、とか

1回の量を減らして回数を増やすと良いと認知されていましたが

 

1日1食プチ断食をすることで胃が小さくなりプチ断食後の食事の量も少なくて
満腹感が得られやすくなります

 

カロリー制限で毎日毎食我慢して減量するよりリバウンドのリスクも
少ないとされているのです

 

 このプチ断食を実践していただいて体重や肌の変化、胃袋の縮みに実感が持てると空腹感が嫌なものではなく楽しく思えてもらえたら幸いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デトロイトテクノ創始者 デリックメイのDJプレイを久々に堪能

DetroitといえばアメリカのMotorTown  

かつて自動車産業で盛んな都市で豊田市姉妹都市ですね

 

そうMotownRecords発祥の地

 

 

 

 

デトロイトってどんなとこ?

  

広〜いアメリカ合衆国の中での位置はざっくりいうと右上の五大湖がある辺り

すぐ上はカナダ、左にシカゴ

 

 

ヘンリーフォードが自動車の大量生産を開始して以来、

アメリカの自動車メーカービッグスリー

 

フォードゼネラルモーターズクライスラーの本拠地

 

自動車産業の繁栄により労働階級の黒人増加により

目まぐるしく音楽の文化も変えていった街でもあります

 

しかし日本車の世界進出や2008年リーマンショックなどの影響で

GMクライスラー社の

経営破綻により失業率も20数パーセントまで上がってしまった事も...

 

日本でも北海道夕張市が赤字を抱え財政破綻したのを

ご存知の方もいるかと思いますが

2013年財政破綻してしまいました

しかもその負債額、夕張市とは規模が違います

2兆円!

 

 

 

 

デトロイトの音楽シーン

 

古くはモータウンを代表するノーザンソウル
アメリカ南部のソウルとはテイストが都会的な北部のソウルミュージック

 

80年代にデリックメイ などによりデトロイトテクノ

 

90年代にはムーディーマンセオパリッシュなどが代表されるデトロイトハウスが発生

 

最も栄えることのないと言われていたヒップホップシーンにはエミネムが誕生しています

 

デトロイトミュージックシーンは変化を繰り返し現在では世界中類をみない独自の世界観を形成しています 

 

 

 

 

 

デトロイトテクノとは

 

そのままですが分かりやすくいうと

デトロイト出身のアーティストに共通してみられる特徴を
多く含んだテクノの楽曲のことで

 

主な特徴
・16ビートのシーケンス
・ドラムマシンの多用
・ストリングス・パッド系音色の多用
・ノンヴォーカル

 

ハウス・サウンド(シカゴ・ハウス)をデトロイトのアーティストが独自解釈した音楽のこと

 

 

 

 

 

 

 

 

デリックメイ について

 

デリック・メイ、ホアン・アトキンスケビン・サンダーソン

デトロイトテクノ3創始者の一人 (他にもいるが主にこの3人があげられる)

 

 

 

このジャンルを世界に広めた代表作Strings Of Life

彼が87年に発表したシングルは世界のレイヴシーンやクラブを席巻

日本でもオリジナルはもちろんダニークリビットRe-Editも2000年代クラブでハウスDJ達の必須アイテムだった印象があります

 

 

 

デトロイトで開催されているエレクトロニック・ミュージックフェスティバル「Movement」にて、2003年に実行委員長を務めるなど、若手ミュージシャンのサポートに回ることも多い。

 

何度かデリックメイ 本人にお会いさせてもらってますが人柄の良さと彼の愛嬌は本当に素晴らしく若手ミュージシャンに慕われているのも想像がつきやすい

 

 

他にはこんなエピソードも

彼がテクノに関わるきっかけは、高校の同級生であったホアン・アトキンスからYMOなどのシンセサイザーを駆使した音楽を教えてもらったことに始まる。

 

YMOってやはりすごいー

 

 

 

 

 

 DJプレイ

 

テクノビギナーでも思わず彼自身の熱く煮えたぎるソウルと

多彩な曲の展開で魅せるストーリーと華麗なミックステクニックに

テクノで初めて踊ったという人も少なくないはずです

 

 

 

初めてデリックメイ のプレイを間近で見た時の

曲と曲をミックスしながらピッチコントロールを動かし

鮮やかに繋ぐ姿に唖然としたのを覚えています

 

 

ソウルやディスコの楽曲をミックスして繋ぐ際は

人間が楽器でリズムを奏でているため

ミックス中もピッチコントロールを動かし細かなスピードのズレを

調整するのですが

 

コンピューターで打ち込まれた一定のリズムのテクノで

あそこまで鮮やかにミックス中にピッチコントロールを操作する

テクノDJは個人的には初めてで驚きを覚えました

 

 

DJブース上でのパフォーマンスもさることながら

彼のファンキーでエロティックな人間性そのものが伝わってくるそんなプレイ

 

世界中を飛び回っている彼が日本でのプレイが最も好きだと語る言葉が薄っぺらく感じない程うどんが好きだったりDJプレイ中は梅酒ソーダを愛飲していたりユーモア溢れる彼の魅力は底知れないですねー